レスポンシブデザイン

サイトを作るのにスマートフォンやタブレットに対応した サイト制作をするのが当たり前になってきています。

 

responsive

2016年現在、webアクセスの主役は「スマ―トフォン」になっており、ユーザーが使用するモバイル端末のシェアがパソコンを超え6割がスマートフォンやタブレットでサイトを閲覧しています。

そして、2015年4月21日、世界で一斉にgoogle検索のアルゴリズムに「スマホ対応」が含まれました。スマホ対応にする事を「モバイルフレンドリー」と言い、 スマホ対応されていないサイトは検索順位が下がるようになりました。

このような状況なので、モバイルデバイス向けにサイトを最適化する必要があるのです。

例えば、欲しい洋服がありスマホで検索をしてサイトを見るとPC画面の表示がでてきて、欲しい商品の情報を見るためにいちいち画像を拡大したり、スマホを横にしてみたりと、こんな経験をしたことはないでしょうか?

このようなサイトだと、めんどくさくストレスになりユーザーは離れていってしまいますね。

だからこそ、スマートフォンやタブレットに最適化されたホームページを簡単に実装できる
レスポンシブデザイン」でこれからはサイトを作る必要がありその対応は急務だといえるのです。

RELIFEでは「レスポンシブデザイン」でのサイト制作を基本としており、
ユーザーに質の高いコンテンツを届けてまいります。